化粧品は価格がすべて!ではないですね

20代の頃は、プチプラ化粧品を使っていました。

下地から粉おしろい・マスカラやチークまで、全て1000円程で買えるものばかりを買っていました。若い頃はそれなりに満足していたのですが、結婚して仕事と家事の両立にいっぱいいっぱいで疲れやストレスが溜まり、お肌の調子が悪くなると、化粧ノリがぐんと悪くなり、肌荒れもどんどんひどくなっていきました。

蕁麻疹が出たり皮膚科で処方された抗生物質を飲むなど、肌の衰えや肌の変化を強く感じるようになってから、スキンケア用品や化粧品はそれなりの質のものを求めるようになりました。

特に日焼け止めやフェイスパウダーには気を遣い、フェイスパウダーは1万円を超えるものを買うようになりました。それなりに良いものを使っているはずなのに、20代の頃に比べると乾燥もするしすぐに吹き出物も出来るしで、自分に合う化粧品をなかなか見つけられずにいます。

色々試してみて分かったことは、価格が全てではないけれど、やはり高い化粧品はそれなりに扱いやすく、多くの人が満足するような商品が多いということです。

これからますます肌は衰えていくばかりだと思いますので、年齢や自分の肌に合った化粧品選びを心がけていきたいと思います。

私のマスカラに対するこだわりについて

メイクする時に使うアイテムは色々ありますよね。
下地やファンデーションはもちろん、アイシャドーやマスカラ、口紅などポイントメイクでもたくさんのアイテムを使いますね。

こだわりがあって、それらのアイテムを選んで使っていらっしゃる方も多いと思います。
私もマスカラにはちょっとしたこだわりがあります。
それはフィルムタイプのものを使うことです。
フィルムタイプのものはお湯でするっと落とせるので、メイクを落とすのがとても楽なのでここ最近気に入って使っています。

あとはマスカラはロングタイプのものを選んでいます。
目が小さくまつ毛が短いので、なるべくまつ毛を細く長く見せたいのでロングタイプを購入しています。

まつ毛エクステすればいいのかもしれませんが時間もお金もないですし、つけまつ毛はどう頑張っても上手に付けることが出来ず、端から剥がれていないか気になって仕方がなくなるので、つけまつ毛も使用していません。

目力をアップさせるにはボリュームタイプのマスカラの方がいいのかもしれませんが、やりすぎ感が出てしまうのであまり好きではありません。
なのでロングタイプのマスカラをリピートしています。

今使っているマスカラは5本目です。
一度他のマスカラも使ってみようと思い購入したのですが、大失敗してしまったのでもうしばらくは今のマスカラをリピート買いすると思います。

やっぱり海外品が合わない!低刺激国産の化粧品で

普段低刺激の化粧品を使用しています。元々肌が弱く、海外の化粧品を使用して肌荒れしたのが理由です。

昔は高価で売れている化粧品がいいと思いこんでいました。しかし自分で実際に使用してみると肌荒れを起こすだけで何も効果がなかったのです。

その経験からわたしは低刺激で口コミの評価のいい化粧品を選ぶようになりました。
化粧品を選ぶときに気を付けていることは、実際に使用したひとの評価です。コスメサイトを利用して口コミを参考にしてから使うかどうかを決めています。

化粧品は安い買い物ではありません。化粧水から美容液、乳液など一式を揃えると出費は高額になります。購入して使用してみてから失敗したということを防ぐ為に口コミを参考にしているのです。

毎月一万円ほどの金額を使用しています。夏や冬など季節によって改善したいトラブルは変わります。夏は紫外線が強くなるので美白化粧品を中心に使用しています。また冬は肌が乾燥してしまうので、保湿に力を入れたケアを行っているのです。そのトラブルに合わせた化粧品を購入しようと思うと一カ月一万円ほどかかってしまうのです。

低刺激でありながら効果を実感することができる化粧品は多いです。肌に無理をさせなくても優しくて効果のある化粧品はたくさんあるということに気が付くことができました。

季節の変わり目はやはり肌に注意が必要

よく季節の変わり目は体調などが悪くなると言われています。
体調と同じように肌もトラブルが発生しやすいのが季節の変わり目です。

この原因として気温の変化があります。例えば暑い時期から涼しい・寒い時期に変わる瞬間に段階を踏んで変わっていけば体もその変化に対応していくわけですが、最近の気候は以前と違っていわゆる良い気候の時期が飛んでしまうようなすばやい変わり方をすることが多いです。
その為になかなか体や肌は変化についていくことができなくなってしまうことによって、体や肌にトラブルが起こってしまうのです。

特に夏から涼しい季節になる秋などの変わり目には肌は対応に追われてしまいます。
ジメジメして暑かった時期から急に乾燥してくる時期に変わってしまうわけですから当然です。
気候が涼しく・寒くなるということは保湿を奪われ、乾燥してしまうというトラブルが起きやすくなります。

乾燥を放置していると将来的なトラブルでシワになってしまうなど女性が気になるトラブルに発展してしまいがちです。この乾燥をどのようにして予防するのかといいますと、やはり大きな対策は保湿を常に肌へ与えておくということです。簡単なようですが、なかなか保つのは難しいのです。化粧水を塗っているだけの方、洗顔までしかしない方、様々だと思いますがそれだけでは空気の冷えている季節には不十分なんです。

まず肌には常に潤いを与えるために、洗顔をした後化粧水をし、さらにその後必ず乳液を塗らなければ化粧水をたっぷりつけてもダメなんです。
そして洗顔の仕方にも方法があります。

洗顔は熱いお湯や冷たすぎる水でするのはオススメできません。これによって肌を傷つけてしまう可能性があるからです。
ぬるめのお水での洗顔が最も効果的と言われています。
こういった洗顔の仕方や化粧水、乳液の必要性を理解していれば寒い乾燥した季節も乗り越えられるはずです。